住宅補助金・税金

長期優良住宅とは?メリットデメリットを解説

更新日:

長期優良住宅とは?

簡単に言えば、国土交通省お墨付きの長持ちする安心な物件のことです。厳しい基準をクリアした物件のみが認められています。家を長期優良にした場合に受けられる税金の優遇措置は多く、住宅ローン控除や不動産取得税、登録免許税、固定資産税などがあります。

そして、居住面積や劣化対策をはじめ、耐震性や維持管理、更新の容易性、可変性、また維持保全管理やバリアフリー性、省エネ性、住宅履歴情報の整備などのさまざまな条件があります。

 

認定基準

長期優良住宅に認定のためには定められた条件を満たし、なおかつ第三者機関の住宅性能審査を受けてお住まいの自治体に認定してもらわなければなりません。良質な状態で長く利用するために次のような条件があります。

耐震性

耐震等級2以上の地震に強い安心な住居である必要があります。

耐久性

構造や骨組みがしっかりしていて何世代にもわたって長期に住むことができることが求められます。

維持管理・更新が容易である

メンテナンス(清掃・点検・補修・更新)とリフォームがしやすく、配管の維持管理ができることが必要です。

一定面積以上の住戸面積がある

暮らしに必要な広さが確保されていること。2人世帯の場合で75㎡以上です。

省エネ対策が取れている

必要な断熱性・省エネ性が優れていて、地球にもお財布にも優しい家であるかが求められます。省エネルギー規準に適合している必要もあります。

居住環境等への配慮がある

地域の町並みとの調和が取れていること。

維持保全のための計画を立てておく

未来を見据えて定期的な点検・補修の計画がされているかが大切です。構造耐力上主要な部分、水の侵入を防止する部分、給水・排水の設備に関しては点検の時期と内容を決めておかなければなりません。少なくとも10年に1度は点検をすることと、地震や台風などの災害時は臨時点検も必要となります。

長期に使用するための構造および設備がある

未来を見据えた構造・設備がある住居であることが必要です。

バリアフリー性

後々にバリアフリー改修できるような住居であるかどうかという点です。
例:廊下にバリアフリー改修に必要な広さが確保されている。

住宅履歴情報の整備

長期優良住宅に認定されたら建築および雑持保全の状況に関する記録を作成し、保存する必要があります。

 

どんなメリットがある?

長期優良住宅は長きにわたり良好な状態で住めること自体がメリットですが、国が後押しする制度だけあって他にもメリットは多くあります。

中でも大きいのは減税効果です。普通の住宅と比べて住宅ローン減税や登録免許税・固定資産税などの軽減効果があり、次のように金銭面でのメリットが大きいと言えます。

住宅ローン控除

長期優良住宅の場合は、住宅ローンの借り入れ限度額の優遇があります。普通の住宅が4000万円のところ、長期優良住宅なら5000万円まで引き上げることができます。控除率は1%ですから5000万円のうち1%=50万円が一年の控除額となり、10年間で最大500万円です。

地震保険料の割引

地震保険の割引は【建築年割引】【免震建築物割引】【耐震等級割引】【耐震診断割引】の4つがあります。長期優良住宅は耐震等級2以上の耐震性を持つことが条件なので、その場合の割引率は20~50%です。割引は併用ができないので最も適切なものを選ぶ必要があります。

登録免許税の軽減

所有権の移転登記・保存登記の登録免許税が軽減されます。

所得税の投資型減税

普通の性能強化費用額(上限500万円)の10%相当をその年の所得税から控除が可能です。また、控除額がその年の所得税を超えるのであれば次の年に控除できます。

不動産取得税の軽減

普通の住宅であれば1200万円の控除となりますが、長期優良住宅は1300万円の控除となります。

固定資産税の軽減

固定資産税に関しては、普通の住宅であっても半分に軽減されていますが、軽減される期間が3年のところを長期優良住宅は一戸建ての場合で5年となります。マンションであれば7年となります。

こうしてみると、メリットがとても多いですよね。長期優良住宅を検討している方はさらに検討を深めることができるのではないでしょうか。

 

デメリットは?

申請するのに時間とコストがかかってしまうことです。長期優良住宅の認定までには多くの手続きが必要です。すなわち、認定までに多くの時間がかかるということ。さらに費用もかかってきます。

そして、不動産や建築会社によっては、買主が希望しても対応してくれないことがあるので交渉するのも手間になるでしょう。

加えて、長期優良住宅は認定を維持するために定期的な点検が必要なため、普通の住宅に比べて品質を保つためのランニングコストが高くなってしまうかもしれません。

 

さいごに

メリットが多いようにも思いますがデメリットもつきもの。デメリットをきちんと理解した上で長期優良住宅を建てることは、災害が多くなってきている日本の今だからこそ大事なことかもしれませんね。

ジャンル別カタログ請求一覧

工務店+ハウスメーカー

全国600社の工務店やハウスメーカーからカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

大手ハウスメーカー

大手ハウスメーカーに特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

平屋住宅

平屋住宅に特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

二世帯住宅

二世帯住宅に特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

ZEH住宅

ZEH住宅に特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

-住宅補助金・税金

Copyright© 注文住宅STAR , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.