土地

【農地転用】田んぼや畑に家を建てる際のポイント

投稿日:

農地転用

田んぼや畑を造成した土地は安全?

田んぼや畑があった土地を利用して家を建てる、そんなケースも珍しくはありません。

元々が何かを建てるための土地ではないため、安全性の面では疑問符がつく場所も存在します。

 

農地だった場所は土が柔らかくて何かを建てられない、このような問題を抱えているのが普通です。

しかし、元々が農地であったとしても業者によりしっかりと造成された土地であれば一定の安全性は得られています。

 

地盤の問題については農地であるかどうかはさほど関係ないため、全ての農地が宅地用として向いているわけではありませんが、家を建てるために農地だった土地を選ぶのも手です。

 

農地転用で宅地にするために必要なこと

農地転用

農地と宅地には大きな違いがあり、農地をそのまま宅地として使用することはできません。

たとえ土地を持っている所有者であっても、農地転用で宅地にするためには農林水産大臣や都道府県知事の許可が必要です。

市街化区域内農地のように農業委員会に届け出を出すだけでよい農地もあるものの、許可が必要な農地だと手続きは複雑です。

そのため、弁護士や司法書士、建築士などの有資格者に農地転用の手続きの代理をお願いする方法もあります。

 

そして、残念ながら農地転用が認められない農地も非常に多く、これは食糧自給のための処置です。

農用地区域内農地や甲種農地、第一種農地のように農地として優れている場所は、原則として農地転用が認められないため、土地によってはそもそも宅地として造成することができません。

 

取得した、あるいは受け継いだ農地の一部はそのままにしておき、一部を宅地として転用するやり方もあります。

ただし、農地の一部を宅地とすることは認められないため、あらかじめ土地の分筆登記が必要です。

単一の土地を分割して登記しなおすことを分筆と呼びますが、手続きのためには測量、土地の境界の確認など面倒な作業が出てきます。

農地転用と同じく専門家に依頼する手もありますが、費用面での負担が増すのが難点です。

 

農地転用ができる土地の場合、安心して住むために地盤調査で安全性を確認するのも欠かせない作業です。

先に地盤の問題と農地とさほど関係はないと書きましたが、農地で地盤がよいところもあります。

 

農地転用

一方で、宅地として使われていた土地でも地盤が悪いところもあるため、こればっかりは地盤調査で確認してみないとはっきりした結果は分かりません。

ただ、遥か下の方はともかくとして、農地の地面に近いところは土が柔らかいのが普通ですから、農地は地盤改良工事が求められやすいと考えてください。

一応、地盤改良工事により安定性は増すものの、地面の奥の方の層が平坦ではないなどの理由で効果がさほど現れないなんてケースもあるため、地盤改良工事は非常に難しいポイントです。

 

地盤調査や地盤改良工事を終えたら、本格的な造成の工事が待っており、こちらはハウスメーカーや不動産業者などが手がけます。

農地によって非常に大規模な工事が行われる場合もあり、高低差があったり崖地である場合は工事も大規模になりがちです。

この造成費用は工事を手がける業者、土地の状態によってかなり変わってくるので、どれくらいが必要かは一概には言えません。

高低差もなく特に何かを撤去する必要もない場合はまだ安めですが、傾斜がきつい土地などでは相当に高くなるケースも多いのです。

 

また、造成を手がける業者によって仕上がりはだいぶ異なり、中には悪質な業者も存在します。

頻繁にニュースとして報じられるわけではありませんが、実際に悪質な業者による違法な造成により土砂崩れなど重大な問題が起こった事例も存在しており、信頼できる業者を見つけられるかどうかは重要なポイントです。

 

農地転用の注意点

家を建てるための土地をどう用意するか、この問題を解決するための選択肢の1つとして農地転用が挙げられます。

一方で、農地転用は難点も存在しており、まずは家を建て始める段階までに時間がかかる点です。

農地を宅地として使うための手続き、土地そのものの造成などやるべきことは多くあるため、家を建てる工事に取り掛かるまでに相当に時間がかかります。

地盤改良工事や造成工事の規模が大きいほど時間もかかるため、すぐにでも家を建てたいと考えている人にとってはやや厳しいところです。

 

もう1つの問題点は費用面で、地盤改良工事や造成工事などで費用面の負担が増えるのは避けられません。

ただし、すでに農地がある状態からの農地転用と、新しい土地の購入の2つを比べた場合、どちらがお得かは場合によります。

 

しかし、農地転用に伴う造成工事で大掛かりな作業が発生しない場合、100万円未満で収まるケースも存在するので、この費用面は大きなマイナスとは限りません。

この造成工事は土地、業者によってだいぶ費用が変わってきますが、単純な費用面では農地転用から家を建てる方がお得な場合もあります。

ハードルはやや高めなものの、家を建てる場合は農地転用で土地を用意する方法も候補に入るので、ぜひ検討してください。

ジャンル別カタログ請求一覧

工務店+ハウスメーカー

全国600社の工務店やハウスメーカーからカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

大手ハウスメーカー

大手ハウスメーカーに特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

平屋住宅

平屋住宅に特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

二世帯住宅

二世帯住宅に特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

ZEH住宅

ZEH住宅に特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

-土地

Copyright© 注文住宅STAR , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.