基礎知識

高気密高断熱とは?メリットとデメリットを解説

投稿日:

高気密高断熱とは?

高気密高断熱とは、外の寒暖が伝わらない性質のことを指します。

日本で古くから用いられている在来工法の木造住宅では、たとえ優れた建築士が作業を行ったとしても、床や壁、天井などに小さな隙間ができるものです。

隙間風を感じるようなことはなくても、空気が建物内に出入りすることによって、寒い日は寒い空気が室内に入り、暑い日は暑い空気が室内に入ってくるようになります。

 

高気密高断熱のメリット

高気密高断熱のメリットはまず、冬は暖かく夏は涼しく過ごせることです。

建物内への空気の出入りが激しいと寒い空気や暑い空気が入りたい放題なので、暑い日ほど暑く、寒い日ほど寒さを感じるんですね。そのため、気候によっては快適に過ごせなくなります。

 

そして「省エネ」になる点も高気密高断熱のメリットです。

暑い日は冷房を、寒い日は暖房をつけますが、高気密高断熱だと調整した温度の空気が外に逃げにくいため、冷暖房がききやすいです。

そのため、効率的に室内の温度をコントロールすることで、より少ない光熱費で快適に過ごすことができます。

特に北海道のような極端に寒い地域になると、簡単に部屋中が暖まるように高気密高断熱に力を入れた建物づくりをしていることが多いですね。

 

また、高気密高断熱はヒートショックを防げるというメリットもあります。

ヒートショックというのは急激な温度変化で血圧が激しく変動し、心筋梗塞および脳梗塞を引き起こすことです。

代表的なケースでいえば、寒い日に熱いお風呂に入ると、ヒートショックが起きやすくなります。

またこれほど極端なケースでなくても、たとえば暖房をきかせた部屋から寒い廊下に出ただけで起こる可能性もあります。

その点、高気密高断熱の建物であれば、部屋を移動しても温度差がそこまでないため、ヒートショックが起こりにくいのです。

 

また壁の温度が室温に近いと壁が汚れにくいという利点も生まれます。

壁の温度と室温に差があると対流によって静電気が発生し、壁にほこりがつきやすくなるのですが、高気密高断熱の建物ならそういった心配も少ないです。

 

高気密高断熱のデメリット・注意点

高気密高断熱のメリットは多いですが、デメリットがないわけではありません。

建物内で発生したにおいがなかなか消えない点も、高気密高断熱のデメリットにあげられます。

 

建物内の空気がほとんど外に出ないぶん、空気がこもってにおいもそのままになるわけです。

また空気がこもることによって生じる問題はにおいだけではありません。

 

たとえば、燃やした炎で建物を暖める石油ストーブを使うと、部屋の二酸化炭素濃度が上がるため、こまめに換気しなければならなくなります。

しかし、換気のためには窓を開ける必要があり、せっかく暖めた空気を外に逃がしてしまうことになります。

 

ちなみにFF式のファンヒーターなら排気ガスは自動的に外に出るようになっているため、二酸化炭素濃度を心配する必要はないです。

暖房器具に制限ができるという点では高気密高断熱は少々不便かもしれません。

 

そして「金額が高くなる」ことも高気密高断熱のデメリットの1つですね。

高気密高断熱では断熱材を設置する必要があるので、そのぶん、断熱材を設置しない場合と比べて材料費・作業費が高くなります。

 

また暑い日にも快適に過ごせる高気密高断熱ですが、日当たりがいい建物だと日差しが窓から入ることで部屋が暑くなる点に注意が必要です。

この場合は窓ガラスを遮熱性のあるものにして対策するといいでしょう。

 

2020年に省エネ基準が義務化

これまで日本では住宅の耐震基準はありましたが、省エネの基準はありませんでした。

しかし、2020年からは住宅の省エネ基準が義務化されます。

そのため、それ以降はまったく断熱されていない住宅が造れなくなります。

 

日本の注文住宅ではアルミサッシの窓が一般的ですが、アルミサッシは強度や耐火性、加工のしやすさなどで優れる反面、断熱性が低い特徴があります。

他のアジアや欧米諸国では、この断熱性の低さから、アルミサッシを採用しているところはほとんどないほどです。

 

つまり、これまでの日本の住宅基準は耐震基準では進んでいる一方で、省エネについてはかなり海外に後れを取っているということになります。

2020年に省エネ基準が義務化されてからは、従来の断熱性の低い住宅の価値が一気に下がる可能性があるため、これから住宅を建てようとしている人は、その点に注意しなければなりません。

 

たとえば、結露ができやすいデメリットがあります。高気密高断熱の建物は壁に断熱材を入れるケースが多いですが、こうすると柱・断熱材間の温度差によって壁の中に結露が生まれることがあります。

壁の中の結露はカビの発生や建物の劣化に繋がります。結露は開口部にできることも多く、それも問題ですが、換気によって無駄な湿気を外に排出して対策することが大事です。

住宅を建てようとしている人は、その点に注意しなければなりません。

ジャンル別カタログ請求一覧

工務店+ハウスメーカー

全国600社の工務店やハウスメーカーからカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

大手ハウスメーカー

大手ハウスメーカーに特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

平屋住宅

平屋住宅に特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

二世帯住宅

二世帯住宅に特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

ZEH住宅

ZEH住宅に特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

-基礎知識

Copyright© 注文住宅STAR , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.