コラム

家相は気にした方が良い?風水との違いも解説

投稿日:

家相 風水

家相とは?風水との違い

新たな賃貸の物件に引っ越す時、家を建てる時などに気にする人も多いのが風水です。

この風水と似ているのが家相であり、どちらも気の流れのような科学的には解明されていないエネルギーを重視している手法です。

目に見えないエネルギーを取り入れて吉凶、よい悪いを判断する点は同じですが、細かいところに違いがあります。

 

風水はどこに何を置いた方がよい、寝室の方角はここがよいなど自宅の中に対してもアプローチしますが、これはあくまで風水の一部であり、土地を含めて色々な方向性からよい悪いを判断する手法です。

むしろ、風水では土地そのものの相、地相を非常に重視するため、仮に家の中に幸運を呼び込むための工夫がされていたとしても、土地そのものに問題があるなら効果はあまり期待できないと考えます。

 

家相にも土地そのものを重視する考えはあるものの、どちらかと言えばその土地でよりよい暮らしを送るための手法です。

そのため、悪いことが起きるとされる鬼門や裏鬼門や正中線などにあたる部分を特定の用途には使わないなど、風水とは違う考え方で発展してきました。

 

風水は中国発でよりよい土地を見つけるための手法、家相は風水をベースにしつつも日本で独自に発展した手法という違いがあり、似ていますが細部は異なります。

鬼門は日本では忌み嫌われるため家相で重視されますが、風水では一概にNGとは限りません。

 

科学的に証明できない要素のためにどちらを参考にするのがよいか、あるいは参考にしない方がよいのかに明確な答えはありません。

ただし、風水と家相はそれぞれの国の状況にあわせて整えられていった歴史があるので、日本では家相を参考にするとよいでしょう。

 

最低限気にしたい方はここをチェック

家相を参考にするとして、まず押さえておきたいポイントはプラスの要素ではなくマイナスの要素です。

先に出てきた鬼門や裏鬼門など、運気によくないとされていることを避けるのが家相の基本です。

 

鬼門は苦手という意味もありますが、元々は北東の方向を指す言葉であり、家相でも北東のことを指しています。

この鬼門に配置してはいけないとされているのが玄関や門、それにトイレやキッチンなどの水回りです。

当然ながら、これらを配置すると絶対に悪いことが起こるという根拠はないものの、お金や不動産の問題、子供の健康の問題が起こりやすいとされています。

 

鬼門と逆、南西の方向を指している裏鬼門も、鬼門と同じく玄関や水回りを配置するのは問題とされているのです。

この裏鬼門に問題がある場合、不安を感じやすいなど住人の精神に悪影響を与えるとされています。

 

また、同じくらい気をつけたいのが張り欠けで、張りは家の出っ張っている部分、欠けはへこんでいる部分のことです。

間取り図で見た時に、綺麗な四角形に作られていない家は家相的にはあまりよくはありません。

 

四角形の辺の1/3以下の長さの出っ張りを張り、2/3以下の長さのへこみを欠けと呼びますが、張りは基本的にはよいとされています。

しかし、鬼門や裏鬼門にあたる部分が張っているのは凶相とされているので、場所によっては注意が必要です。

 

そして、欠けはどこであっても悪いとされており、鬼門や裏鬼門が欠けているのは特に問題があるとされているので、まず気をつけたいポイントです。

 

吹き抜けは家相、風水ではあまりよくないとされており、吹き抜けは先に出てきた欠けと捉えられています。

家相や風水では階段も吹き抜けの一種なので、運気的にはあまりよろしくない部位の1つです。

 

しかし、階段を設置しないわけにはいかないため、運気を気にする場合はマイナスの作用がある場所を避けたいところです。

色々と注意点はあるものの、気にしすぎると何もできないのも事実なので、あまり気にしないのも手ではあります。

ジャンル別カタログ請求一覧

工務店+ハウスメーカー

全国600社の工務店やハウスメーカーからカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

大手ハウスメーカー

大手ハウスメーカーに特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

平屋住宅

平屋住宅に特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

二世帯住宅

二世帯住宅に特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

ZEH住宅

ZEH住宅に特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

-コラム

Copyright© 注文住宅STAR , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.