基礎知識

地震に強い家を作るには?耐震/制震/免震住宅について解説

投稿日:

耐震、制震、免震住宅とは?

住宅の地震対策は、耐震、制震、免震の3つに分けられます。

3つとも地震対策のための工法という点では同じですが、それぞれ意味が異なるため、家を建てる時はしっかりと違いを理解しておく必要があります。

日本は地震が頻発する国です。そのため、ただなんとなく地震対策をするのではなく、日本で起こる地震のケースに応じた効力のある住宅の耐震化を進めていくことが大切です。

 

耐震の特徴

耐震の特徴は柱や壁を強くしたり、補強材を入れたりすることで住宅そのものの強度を上げることです。

日本で最もポピュラーな地震対策工法であり、地震発生時に建物が簡単には倒れず、その間に十人が避難することを考慮したものとなっています。

 

強度の上げ方ですが、骨組みに筋交いを取り付けたり、合板を打ちつけたりする方法があります。

筋交い以外では梁と柱を固定金物で補強することなどがあげられます。

耐震は簡単な作業でできる地震対策なので、建築基準法における耐震性基準でも強く考慮されています。

 

ただし、建物の固さによって地震に対抗する工法のため、地震発生時に釘穴がゆるむことがあり、その点は弱点です。

また地震が起きた際の揺れは上階に行くほど大きくなる特徴があります。

 

ちなみに住宅にどれくらいの耐震性があるかは「耐震等級」という指標で知ることができますよ。

簡単にいえば耐震等級が高ければ高いほど、地震に耐えられる性能が高い住宅ということです。

地震で住宅が倒壊する主な原因は壁の強度不足や、土台から柱が抜けてしまうことなんですね。そのため、地震の際にそれらが起こらない構造にすれば、高い耐震性が得られるわけです。

 

耐震等級のランク

耐震等級は1、2、3と、3つのランクがあります。

  • 耐震等級1は建築基準法の最低基準の耐震であり、震度6~7の地震が起きても倒壊しないレベルです(損傷はする可能性があります)。
  • 耐震等級2は震度6~7の1.25倍の地震が起きても倒壊しないレベルで、学校や病院などがこれに当てはまります。
  • 耐震等級3は震度6~7の1.5倍の地震が起きても倒壊しないレベルで、警察署や消防署などがこれに当てはまります。

 

制震の特徴

制震の特徴は制振装置・部材を建物に設置することによって地震のエネルギーを吸収させる工法であることです。

揺れ自体はそこまで抑えられませんが、建物が損傷しにくく、繰り返し地震が起こっても耐えられる特徴があります。

また上階に行くほど揺れが大きくなる耐震に対し、制震は高層でも揺れが大きくなりません。

 

免震の特徴

免震の特徴は建物が揺れに応じて移動することにより、地震発生時の建物の揺れや損傷、倒壊を大きく防げる工法である点です。

建物の倒壊だけでなく、揺れ自体も大きく抑えられることから、家具が倒れたり、人が転倒したりといった事故も起きづらくなります。

免震住宅では実際の地震の揺れの3分の1から5分の1程度しか感じないため、小さめの地震ではまったく揺れを感じないケースもあります。

 

地震に強い家を建てるには?

地震に強い家を建てるには、建物自体が地震に強いことも重要ですが、土地も地震に強くなくてはなりません。

いくら地震対策を施した家を建てても地盤が強くなければ、地震発生時に地盤沈下などが起こるリスクがあるため危険です。

 

地盤の強さを調べるには、朝日新聞や国土交通省提供のハザードマップなどが役立ちます。

また家はシンプルな形状の方が地震に強いです。シンプルな形状というのは壁の面が正方形に近いもので、それを積み重ねたような家を指します。

 

地震に強いハウスメーカーの商品や取り組み

たとえば住友林業ですが、「ビッグフレーム構法」という技術を持っています。

実物大の住まいに繰り返し震度7の揺れを加えるという過酷な振動実験にも耐えることができるねばり強さが特長です。

 

それからタマホームでも実物大の建物で振動実験を行っています。タマホームのベストセラー商品である「大安心の家」で検証し、震度7相当の地震でも、倒壊・半壊しないことが証明されました。

 

三井ホームではプレミアム・モノコック構法(三井ホームの独自構法)の住宅を用い、耐震実験を行ったところ、高い耐震性が証明されました。最新の実験ではプレミアム・モノコックGを用い、連続60回の震度7の揺れにも耐えました。

 

一条工務店では大容量太陽光発電や防犯ツインLow-Eトリプル樹脂サッシなど、地震に強い商品を色々扱っています。また住まいづくりの材料の多くを自社工場で生産、組み立てを行うことで、実大耐震実験で証明された耐震性能をそのまま発揮できるようにしています。

 

積水ハウスでは地震エネルギー吸収システムである「シーカス」や「高性能二重耐力壁」を採用した鉄骨1・2階建ての各種商品(ISシリーズ、Beシリーズ、平屋の季(とき))を扱っています。シーカスはオリジナルダンパーとなっており、地震のエネルギーを熱エネルギーに換える役割があります。

ジャンル別カタログ請求一覧

工務店+ハウスメーカー

全国600社の工務店やハウスメーカーからカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

大手ハウスメーカー

大手ハウスメーカーに特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

平屋住宅

平屋住宅に特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

二世帯住宅

二世帯住宅に特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

ZEH住宅

ZEH住宅に特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

-基礎知識

Copyright© 注文住宅STAR , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.