コラム

ビルトインガレージのメリット・デメリットは?

投稿日:

ビルトインガレージ インナーガレージ

車好きの方ならビルトインガレージのある家を建てたい!と思う方もいるのではないでしょうか?

大好きな愛車を整備したり、時にはそこで眺めながら一息ついたり、秘密基地のような感じで憧れる方も多いと思います。

ただ、良い点だけじゃなくしっかり確認しておきたい注意点もあります。

この記事ではビルトインガレージのメリット・デメリット、注意点を解説します。

ビルトインガレージとは?

家の購入を検討している時、よく目にするのがビルトインガレージやカーポートです。

郊外に家を買った場合、車は必需品となりますので、ガレージは確保しないといけません。

 

ビルトインガレージというのは、建物の内部にガレージを作ったもので、家の1階部分に車を入れるようなイメージです。

駐車する台数によって1階の開口部は広くなりますし、土地の広さによっては居住スペースを2階、3階へ作ることになります。

ガレージ部分には柱や壁がありませんから、その上の重さを支えるためには一般的な木造では無理な場合もあるので注意しましょう。

 

ビルトインガレージのメリット

ビルトインガレージのメリットは、建物の中にすっぽり車をおさめるので、風雨をしのげて車を守ることができます。

庭に作ったカーポートでは、屋根はあっても壁面がないので風雨を完全にしのぐことができません。

その点、ビルトインガレージなら周囲は壁ですから風雨はもちろんのこと、雪が多い地域や台風の通り道となっている地域でも車が守られます。

 

また、車へのいたずら、盗難などからも守ることができます。

カーポートだと外に置いているのと同じですから、誰かが敷地に侵入して被害に遭うこともあります。

ビルトインガレージでも、居住スペースから出入りできるように設計したものなら悪天候の日でも買い物の荷物の出し入れが楽にでき、人の出入りも濡れずにできるのでストレスが減ります。

 

もう一つ、大きなメリットとして挙げられるのが、固定資産税が安くなることです。

例えば3階建ての家で1階にビルトインガレージを造ったとします。

そのガレージの面積が、家の延床面積の1/5までなら家の延床面積に含めなくても良いとなっているのです。

同じ大きさの家でも、ビルトインガレージがある家とない家とでは、ある家の方が固定資産税は安くなるということです。(自治体によって評価基準が違うこともあるそうですから、確認するようにしてください。)

 

ビルトインガレージのデメリット

ビルトインガレージ インナーガレージ

デメリットもありますので知っておきましょう。

 

一番に挙げられるのは、1階部分のスペースがかなり奪われてしまうことです。

家の中にガレージを作ってしまうのですから、間取りが制限されてしまうのです。

1階が狭くなってしまいますから、リビングやキッチンを2階に作らなければならなくなります。

 

また、一般的な木造住宅だと耐久性の問題からビルトインガレージを造るのは難しいでしょう。

ビルトインガレージを造るのなら、鉄筋コンクリート造りを選ばなければなりません。

 

家の中にガレージを造るため、埃や花粉はもちろん、排気ガスも家の中に入ってきやすいというのもデメリットとして挙げられます。

また、出入り口をシャッターにすることが多いので、光を取り入れにくく、暗くなってしまいます。

しかし、こういったことは換気扇を付けるとかライトを付けるなど対策はありますので検討すると良いでしょう。

 

もう一つデメリットと言えることは、建物の中に造るため駐車スペースが若干狭くなる場合があります。

建物の壁にぶつけると家全体に影響が出ますのである程度運転技術がないと難しいかもしれません。

 

ビルトインガレージを造るときの注意点

ビルトインガレージを造る時に注意したいことは、まず費用がかかるので予算が合うか考えましょう。

耐久性を考えた造りになるため、一般の住宅よりも費用がかかる場合があります。

そしてガレージが家の中になるので、排気ガスなどのニオイがこもる恐れがあります。

換気がしっかりできる設備を設けること、車の音や振動が家の中に響くので生活に支障が出ないような間取りにする必要があります。

 

例えば、ガレージの隣に寝室を持ってくるとゆっくり休めない可能性があります。

そして、外のガレージと違って自然の光を取り入れにくいため、採光を考えた窓を付けたり、照明を付けるなど考慮しなければなりません。

夜間は特に真っ暗になりますので、安全対策が必要です。

 

もう一つ、注意したいことは家に所有する車が増えても対応できないことは知っておきましょう。

ビルトインガレージに停められる台数は決まっています。

もし後で家に車が増えたとしても、ガレージを追加することはできません。

そうなると増えた車の分は他に駐車場を借りることになります。

将来所有する車が増えるかもしれないという場合は、ビルトインガレージにすること自体を考え直した方が良いこともあります。

 

ビルトインガレージを造ってしまってから、やっぱり止めようということはできませんので、どちらが良いのかを総合的に考えて決めるようにしましょう。

良いことばかりが目立つビルトインガレージですが、考慮しなければならない点が意外と多いので、家庭全体のことを考えて本当に必要かどうかを判断しなければなりません。

ビルトインガレージは、家の資産価値を変えてしまう可能性もあるので、よく考えましょう。

ジャンル別カタログ請求一覧

工務店+ハウスメーカー

全国600社の工務店やハウスメーカーからカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

大手ハウスメーカー

大手ハウスメーカーに特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

平屋住宅

平屋住宅に特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

二世帯住宅

二世帯住宅に特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

ZEH住宅

ZEH住宅に特化したカタログ請求や間取りプランを無料で依頼できます。

-コラム

Copyright© 注文住宅STAR , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.